5日



ミレーシェーバー(Mileseva) 修道院で朝食と出発


ラバーニーチャー(Ravanica)修道院を訪問


ラバーニーチャー(Ravanica)は、セルビア正教会(Central Serbia)のチュプリヤ(Ćuprija)近くクチャイ(Kučaj)山にあるセルビアの正教会の修道院です。この修道院はセルビア王子ラザール(Razar)王子の寄付で1375〜1377年に立てられ、彼はそこに埋葬されました。ラバーニーチャー(Ravanica)教会は、建築と芸術的特徴のために、新しい芸術運動」モラバー学校(Morava school)」の発祥地と呼ばれます。それはアトス山(Mount Athos)がオリジナルブランドであり、ミルーチン国王時代の標準となったクロス - イン - スクエア(cross-in-square)の5つのドーム型モデルの独創的なブレンドです

フレスコ画は、コソボの戦闘がある前に 数年の間に彩色された。優れたものはラザール王子と彼の妻 プリンセスミリカー と彼らの息子,ステファンとブーカーンの肖像画です。ナイフ、盾と鎧を着た戦士の聖徒たちを特別に描写したものもあります。

ラバーニーチャー(Ravanica)は、1979年に特別な重要性を持った文化遺産に宣言され、セルビア共和国の保護を受けます。


そこで昼食を食べベオグラードに向けて出発。



ベオグラードに到着。


自由時間


6日



ベオグラードでの朝食


ベオグラード・ニコラテスラ(Nikola Tesla)空港から出発。



4日


朝食とソポチャニ(Sopocani)に向けて出発


ノビ・パザール(Novi Pazar)周辺の ペトロバ ツルク・バー(Petrova Crkva)とデュールディ

イェビ  シチューボビー (Djurdjevi Stupovi)修道院を訪問。


この聖なる使徒であるペテロとパウロの教会は、セルビア正教会であり、これはセルビアで最も古い教会であり、この地域で最も古い教会の一つです。また、この教会は、セルビア王国の中世の首都 ラス(Ras)の丘に位置しています。これは、ユネスコの世界文化遺産スタリラス(Stari Ras)団地の一部です。この団地は、ローマの統治期間、4世紀に設立されました。


デュールディイェビシチューポビ(Djurdjevi Stupovi)修道院は1170年 聖ジョージ(St. George)に捧げられたグランドプリンスステファンネマニャ(Grand Prince Stefan Nemanja)の寄贈で建てられました。それは「聖 ジョージの軌跡」として知られています。 すなわち,最初の王位に上がったステファン(Stefan)による、ネマニャ(Nemanja)は自分の兄弟によって捨てられたダンジョン(dungeons)洞窟の中で彼を救ってくれた聖ジョージ(St. George) "の監査を記念するために、この教会を立てました。


モンテネグロの山間の町であるブラネ(Berane)に向かって出発し、ブラネ(Berane)修道院にデュールディイェビシチューポビ(Djurdjevi Stupovi)を訪問

ブラネ(Berane)で昼食


モラチャー(Morača)修道院を訪問


モラチャ(Morača)修道院はモンテネグロの中央に位置し、モラチャ江の渓谷(Morača River Canyon)の北部に位置し、セルビア正教の修道院です。モラチャ(Morača)修道院は、モンテネグロで最も美しい正教会の中世のモニュメントの一つです。教会は、長さ24m以上, 高さは約20mです。

この建築物のほかにも 、モラチャ修道院(Morača Monastery)の絵画が特に重要です。セルビア正教会で重要な役割をする聖人,預言者エリヤの生涯の話を11個で組み合わせた13世紀から保存されてきた画像があります。


13世紀ミレーシェーバー(Mileseva)修道院を訪問。


セルビアのは、約1000年前に建てられた、セルビア正教会の修道院がたくさんあります。
ミレーシェーバー(Milesaeva)修道院はその中の一つです。この修道院はセルビアの平野地帯を通って山に接近すると、ゆっくり見えます。そこには修道士と修道女の禁欲と祈りのための木造の建物があります。
その横に、 川の音は修道院の静的を分けています。メイン教会の中にある壁にあるホワイトエンジェル(White Angel)の画像は、ビザンチン美術の傑作の一つである。


宿泊そして就寝



歴史を通じた巡礼


セルビアは歴史的なビザンチン修道院がたくさんあります。このルートに沿って巡礼をする場合は、修道院でルネサンスに影響を及ぼし、多くのフレスコ画を鑑賞することができます。次に、修道院の部屋では神を黙想すると、あなたの人生の痕跡を再回想することができる機会になるでしょう。


5日間のツアー




3日



朝食、そして出発


ジチャ (Zica) 修道院を訪問。


ジチャ(Zica)修道院はセルビアのクラリエボ(Kraljevo)市近くの初期13世紀のセルビアの正教会の修道院です。修道院は聖ドールミトン教会(Holy Dormiton)と一緒に、セルビアの最初の王ステファン(Stefan)とセルビア正教会(Serbian Ortodox Church)の最初の大司教である聖人サバ(Saint Sava)によって建てられました。

この教会は、教会を立てた聖徒たちの血を象徴して赤い色で塗られた唯一の教会です。

このフレスコ画の作家はミルーチン(Milutin)王の有名な美術作業室で傑作を残しました。

スタリーナゴリカーン(Stari Nagorican)での彼の作品とフレスコ画は、プリズレン(Prizren)のリッジに(Lizze)の聖母マリア教会、ストゥッデニチャの王立教会、スタリーナゴリカーン(Stari Nagorican)にあります。


ストゥッデニチャ(Studenica)修道院を訪問...


ストゥッデニチャ(Studenica)は、ただ建築様式で洗練されたビザンチンのラスカッパの様式だけでなく、美しい場所に位置している美しいセルビアの正教会の修道院の一つです。

ストゥッデニチャ(Studenica)は1183年から1196年までのステファンエネマニヤ(Stefan Nemanja)によって建てられた。同じ時間の間、議会でステファンエネマニヤ(Stefan Nemanja)は、彼の息子の中間に当たるステファンを擁立して太尉ました。彼の息子サバ(Sava)の保護下にストゥッデニチャ(Studenica)は、中世セルビア文化、精神的、医学的中心となった。ストゥッデニチャ(Studenica)修道院は、ユネスコの遺産です。


シチューデニーチャー(Studenica)レストランで有機国産食品と一緒に昼食。

味わうことをお勧めする修道院のワインがあります。

1日


ベオグラードのニコラ・テスラ(Nikola Tesla)空港に到着してホテルへ移動、昼食。


クネズ ミハイルローバー(Knez Mihailova)の街、 カレメグダン(Kalemegdan)要塞を簡単に訪問してホテルに宿泊


"ベオグラードは、なかなか話をよくしていない穏やかな紳士だが、誰もが彼に言ったときには、彼が偉大な哲学と豊富な知識を持っていることを感じることができます。ベオグラードの魅力は簡単に現れません。ヨーロッパの他の都市よりも大きな重量を持っています。"

ベオグラードの感じ、 金奇南







Belgrade Cultural Association

続いて ソポカチャニ (Sopocani)修道院に向かって出発


ソポチャニ(Sopoćani)修道院はノビパザール(Novi Pazar)から西に約15km離れたラシュカ (Raška)江のすぐ源に位置しています。それは彼の埋葬場所で提供された教会として1260年にウロシュ(Uroš)王1世ネマニイェチュ (Nemanjić)によって建てられ、彼の曾孫子であるドゥシャン(Dušan)によって14世紀中半に拡張されて改築されました。数多くの建築物(レストラン、住宅や他の建物)で構成された前の大きな修道院団地の中,今日では、唯一の聖三位一体の教会だけが残っています。教会の絵画は、キリスト教の歴史の人々や事件を生き生きと見せるビザンチンフレスコ画の最も印象的な例の一つです。 13世紀後半に作られたソポチャニ (Sopoćani)フレスコ画は、主に調和と美しさを強調した古典的なスタイルの頂点を表します。修道院は スタリラス(Stari Ras)とソポチャニ (Sopoćani)団地の一部として1979年にユネスコ(UNESCO)の世界遺産リストに登録されました。

ソポチャニ(Sopocani)のすぐ近くのホテルに宿泊